不妊治療にかかる費用

不妊症になって、治療方法をいろいろ調べたはいいけれど、実際、費用はどれくらいかかるのかは誰もが気になる問題なのではないでしょうか。なんとなく高いイメージが払拭できない不妊治療ですが、実は最初の一般治療では保険内診療で三割負担で済ませるこ

とが可能なのです。
ただし、保険内診療で可能なのはタイミング療法と言われる排卵周期を体温を測って排卵時期を予測する治療や、卵胞刺激ホルモンの注射を打つ治療までで、それ以上の診療になると保険は適応外になってしまいます。それ以上の診療と言われ

るものは、例えば「人工授精」、「体外受精」、「顕微受精」等の診療で、料金も種類によって大幅に変わってきます。
費用はクリニックの立地や規模によっても変わり、都会の中心部になればなるほど費用は高くなるそうです。平均的な相場は人工授精で1万5

千円?3万円、体外受精で20万円?50万円位が相場になっています。中でも体外受精に関しては様々なコースがあり、自然法と呼ばれる体に優しいものから、飲み薬を使ったもの、また注射と飲み薬を併用している妊娠へのアプローチが積極的なものと、治療を

受けに来た人が選べるコースが充実しているようです。
自由診療の料金のことで気になることがあれば、やはり総額でいったいどのくらいかかるものなのか、高度生殖医療を受ける場合は明細をきちんと把握することは大切なことだといえるでしょう。どれだけ高

額な医療費をかけても必ずしも確率が高いわけではないので、体の調子やお金のことも大切にしながら進めていかれるのが一番なのではないでしょうか。