不妊治療 助成金

不妊治療を受けるご夫婦の数は、年々増加の一途をたどっています。一般治療と呼ばれる初期の治療方法はまだ健康保険が適応されるものの、それ以上の診療に関しては非常に高額な治療費を請求される現状。どれだけ確率が低くても子供を望みたい、赤ちゃんが

欲しいという気持ちが強いからこそ受ける不妊治療ですが、トータル換算して1000万円はかかってしまうこともある中で、やりくりしていくのは大変な部分があるという事は否めません。
しかし、そんな不妊治療を頑張って受ける人にとって救世主的存在といえる

のが、「特定不妊治療助成制度」です。今まで諦めなければならなかった不妊治療も、この制度を使うことによって、治療に必要な一部を負担してもらうことができるのです。今まで諦めようとしていた人にとっても、希望の光が望める素晴らしい制度ですよね。

各自治体によって助成金の条件等は異なりますが、平均して一回10万円、1年に2回くらいまでの助成金を受けられるケースが多い様です。
ただ、年収が730万円以下など、年収制限があるので注意が必要だそうなので、各自治体の不妊治療助成制度を詳しく

調べてみることをお勧めします。治療費用が限度額を下回る場合は総額のみの助成となる場合が多く、限度額を超える時に申請する方がより有効に助成金を給付してもらうことができるそうです。インターネットや窓口で詳細が記載されていたり担当の方が問い合

わせの際、教えてくださるので、ぜひ一度助成金を受けることを考えられている方はお問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。